無印良品のタオルは他のタオルと何が違うの?

そんな疑問を解消するために、当記事で比較実験を行いました。

無印良品・ニトリ・ダイソー・セブンプレミアムのタオルを比較

以上の4つのタオルを比較します。

まずは金額・サイズ、生地・色のバリエーションを比較しました。

それぞれを詳しく解説します。

①無印良品オーガニックコットン混しなやかフェイスタオル・薄手

感想:柔らかくてごわつきがいっさいなく、触っていて気持ちがいいです。

織り目もきれいで均一。

薄いので乾きも早そうです。

②ニトリフェイスタオル(SKY)

感想:無印良品と比較すると、少しごわついています。

厚さもあり、織り目の方向も揃っていません。

吸水性に期待です。

③ダイソーやわらか無撚糸タオル

感想:4つのうちでダントツに薄いです。

他の3つのタオルとは別物のような違いです。

しかし乾きやすさに期待できます。

台所や洗面所などに掛けておくタオルとして最適かもしれません。

④セブンプレミアムふんわりつつみこむウォッシュタオル

感想:無印良品の柔らかくて織り目が均一な点とニトリの厚みを兼ね揃えています。

しなやかで触り心地が良いです。

洗濯の前後比較

使用してすぐにごわつきがあるタオルは損した気分になりますよね。

新しいタオルを30回、同じ条件で洗濯・乾燥し、使用前との比較をしました。

一緒に洗濯機で洗い、同じ条件下で干しました。

3回折った状態です。

①【30回洗濯後】無印良品オーガニックコットン混しなやかフェイスタオル・薄手

左 使用前

右 30回洗濯後

見てわかる通り、織り目は粗くなっています。

しかし触り心地は洗濯前より柔らかくてふわふわしています。

30回洗った後も全く問題なく使用できます。

②【30回洗濯後】ニトリフェイスタオル(SKY)

左 使用前

右 30回洗濯後

3㎝もボリュームアップしたニトリのタオルは30回洗濯しても相変わらずの力強い目の粗さです。

使用前よりも織り目が立って柔らかくなりました。

30回洗った後のほうが、心地よいと感じました。

厚い素材が好みの方にはおすすめできるタオルです。

③【30回洗濯後】ダイソーやわらか無撚糸タオル

左 使用前

右 30回洗濯後

一番劣化しそうと予想していたダイソーも30日間の洗濯では何も問題なく使用ができます。

織り目が立った以外には特に変化はありませんでした。

ただ、ダイソーのタオルと一緒に洗濯したものに若干の糸くずのようなほこりが付いていたのが気になりました。

柔らかくて薄手なので気軽に使用できますが、大切な洋服などと一緒に洗濯するのはおすすめしません。

④【30回洗濯後】セブンプレミアムふんわりつつみこむウォッシュタオル

左 使用前

右 30回洗濯後

手触りが使用前はさらさらしているのに対し、30回洗濯したタオルは少しごわごわしています。

しかしボリュームが増したので実際に使用するなら30回洗濯したタオルの方が使い心地が良いです。

使用前と30回洗濯後の差が一番わからないのがセブンプレミアムでした。

吸水性を比較

  1. 無印良品 オーガニックコットン混しなやかフェイスタオル・薄手
  2. ニトリ フェイスタオル(SKY)
  3. ダイソー やわらか無撚糸タオル
  4. セブンプレミアム ふんわりつつみこむウォッシュタオル

以上の4種類のタオルを30回選択した時の吸水性を比較しました。

すべてのタオルを2回折り、同じ量の水を垂らしました。

吸水性が良いタオルは裏面への浸透が少ないはずです。

※あくまで主観的な感想です

多少の誤差はありますのでご了承ください。

↓↓吸水性のテスト結果はこちら↓↓

無印良品のタオルの吸水性テスト結果

以上の実験から吸水性ランキングを発表します。

吸水ランキング

  1. セブンプレミアム
  2. ニトリ
  3. 無印良品・ダイソー

実験結果を見れば一目瞭然ですね。

無印良品のもっと厚手のタオルなら結果は違う可能性がります。

まとめ

以上が当記事の実験の結果です。

繰り返しになりますが、あくまで主観的な感想です。

好みは人それぞれです。

気になる商品は是非、実際に購入して試してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事